南明寺糸桜

南明寺糸桜
南明寺ィのォ糸桜、散っちゃあ行っちゃあ見ィちゃああっても、咲いちゃあ行っちゃあ見ィちゃあない
萩出身の友人が、一度は見てくれと言っていた南明寺の糸桜が満開とのニュース。
お昼から出かけてきました。
上記の文章は『南明寺のイトザクラは(咲くのが早いので)、散ってから行ってみる人はあっても、咲いているときに行って見る人はいない』という意味の萩方言で、友人が自慢していた一節です。


IMGP2453.jpg
しだれ桜なのですが、推定樹齢四百年の古木で、糸が垂れるような形で枝を四方に垂らし、
淡紅色の花を咲かせます。
IMGP2458.jpg
ご住職さん?だと思われる人から朝の8:40ごろの光線で見るのが一番きれいだよと、もしくは夕日が沈む前の真横からの光線も美しいそうです。
三脚で撮影したいですねと話すと、お墓参りの方の迷惑にならないようにしてくださいとのことです。
これから撮影に来れれる方は、三脚の使用は注意してください。
IMGP2461.jpg

広告

南明寺糸桜」への5件のフィードバック

  1. kakasisannpoさん
    そろそろソメイヨシノも咲きそうです。
    開花が早いと、長く咲いていてくれそうなので楽しみですね。
    chibirohさん
    初めて訪れて、ため息が出てしまいました。
    細い道を通った甲斐があります。ここまでの運転疲れもとれましたよ。
    jon_boviさん
    これほどとは、来るまで思ってもみなかったです。
    時間帯ごとに訪れてみたい・・・遠すぎて無理ですが。
    午前の光線が美しいようです。
    mituさん
    桜は、人を惑わしますね。
    何度も足を運びたい気持ちにさせます。

コメントは受け付けていません。