宇野千代さんの愛した桜

薄墨桜
錦帯橋の近くに、宇野千代生家があり、一般公開されています。
そのお庭に、小説「薄墨の桜」のモデルになった、岐阜県根尾村(現、本巣市)の樹齢1500年の老樹「薄墨桜」に由来される「薄墨桜」が3本植えられています。
お庭の外にまで咲き誇っていたので、外から撮影させていただきました。
ここは、紅葉でも有名で、紅葉の時期はお庭でお茶をいただくことができます。


IMGP2783.jpg
ちょうど見ごろでしょうか
IMGP2784.jpg
錦帯橋の桜も3分咲きぐらいになっていました。
今週末には見ごろになりそうです。
錦帯橋での写真は、またの機会ということでないのですが
IMGP2791.jpg
新岩国駅方面の川筋で、菜の花と桜のコラボが素敵でした。
ここも、今週末でしょうか。

広告

宇野千代さんの愛した桜」への4件のフィードバック

  1. 菜の花と桜~
    とても素敵な雰囲気ですね!
    本州の桜には由来があったり、
    老木には名前が付けられていたり、
    そういうの、ほとんど見る機会がないので羨ましいです^^

  2. mituさん
    山口も今日は冷え込みました。
    まだまだ石油ストーブが手放せません。
    ここ、いいところでしたよ。
    chibirohさん
    薄墨桜は、ソメイヨシノが見ごろには散ってしまい
    今まで、見ることができませんでした。
    山口にも名の知られた桜は多いですが、桜の時期は重なってしまいなかなか見られません。
    今年は、あといくつ見られるかなあ。

コメントは受け付けていません。