メトロでぶら~り、室津

今まで外からしか四階楼を見ていなかった。まるでお入りなさいと玄関が開いていました。

全国でも珍しい四階建ての擬洋風木造建築で、1879(明治12)年に竣工された県内洋風建築最古のもののひとつです。
この地は、古くから海上交通の要所として栄え、この建物は、小方謙九郎を施主として、迎賓及び宿泊施設として利用されました。
全国的にも珍しい4階建ての建物で、外観内装とも凝った造りになっています。

一階の菊水紋の鏝絵

二階への階段と欄間

四階のステンドグラス。

四階の天井にある、鳳凰の鏝絵。

広告

メトロでぶら~り、室津」への7件のフィードバック

  1. こういう部屋の中の階段を見ると、(田舎がそうだったので)懐かしく感じます。
    栄えた名残も感じますね~。

  2. DP1とDP2は、やはり唯一無二のカメラなんだなーと、Clarkさんの写真を拝見していると感じます。
    普段はFlickrで等倍の写真を見ることはありませんが、DP1と2の写真だと細部までじっくりと見入ってしまいます。
    凄いカメラですね(^ ^)。

  3. 明治時代の建物って洋の中に和があったりその逆だったり…
    ちょい不思議な空間ですよね。
    愛知県の明治村にはこういう建造物がいっぱいありますよ~。

  4. jon_boviさん
    この階段、僕も懐かしく思い出しました。
    昔の家の階段がまさにこれで、子供の頃落ちた経験が(^^ゞ
    Ciclistamarioさん
    ウエストバックにクッション素材を貼り付けて、携帯してるのですが
    絶対に転けられませんね(^^ゞ
    下りもスピードを控えめにしてます。
    時々、ズームがあればと思いますが、DP1・2は手放せません。
    kellyさん
    DP2は、お勧めです。F2.8と明るいし41mmだしポートレートに最適ですよ。
    ゆきさん
    おぉ、明治村。!
    近ければ、入りびったてますよ。
    柳井にも、白壁の素敵な建造物が沢山あります、フラワーランドもいいところですよ。
    錦帯橋に秋吉台と山口においでませ~。

  5. 欄間とか、あらゆるところに職人芸が見えたり
    畳の間にステンドグラスって、ちょとドキドキしますね(*´∀`)

  6. mieさん
    コテでこんなことが出来るなんて驚きですね。
    4階のステンドグラスは違和感アリアリでした(^^ゞ

コメントは受け付けていません。