サクリファイス

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

趣味の一つ、読書。今は図書館を利用しています。なので読みたい本をすぐ読めない、それにも慣れて気長に待つこともできるようになった。

が・・・、利用する図書館に希望する本がない場合は、諦めるしかなかった。

予約は、ネットで出来るのですが蔵書以外はネットで予約できず、この「サクリファイス」が蔵書に含まれるのを待っていたのです。

利用している図書館は「柳井図書館」。この本は「山口県立図書館」の蔵書。

山口まで借りに行ったのではなく、リクエストをしたのです。図書館にリクエストをする用紙がありそれを利用しました。

ネットでリクエスト出来るようになれば、もっと便利なのですが、こんな利用法があったのを知らなかった。

ネットだけに頼らず、司書さんと話をするのも大事ですね。(^^ゞ

28日から1月4日まで図書館がお休み、それまでに読んで正月用の本を借りに行かねば。

広告

サクリファイス」への2件のフィードバック

  1. 随分と走りこまれているようですね。
    僕は2カ月ぶりに自転車に乗ったら、峠道で息も絶え絶えになってしまいました。

    「サクリファイス」、僕はついつい買ってしまいましたが、図書館にリクエストという手もあるのですね。
    新潮社のyomyomに続編の「スピードの果て」が掲載された号があるので、こちらもお手に取ることができるといいですね。

    • メタボ対策で始めた自転車、すっかりハマってしまいました。
      仕事もないし、毎日でも走りたい所ですが
      体力が続きません、僕も峠道は同じく息も絶え絶え・・・、でもこれ癖になりますね。(笑)

      お、続編が出てるんですね。!
      今週末には読了する予定なので(今は、伊坂幸太郎のあるキングを読んでます)、内容が楽しみ。!
      続編は、また気長に待つとします。

コメントは受け付けていません。