河津桜を愛でる

明日から寒くなる、そして天気が土曜日まで悪い・・・今日はなんとか保ちそうだということで近所ライドで室津半島を一周してきました。

なま温い気温、アメダスの予報では雨雲は掛からないのでグローブも春秋用の薄手にし、アソスのキャップもなしです。

宮島口ライドで、膝を痛めたので今回も踏み込むのは厳禁。

踏むんじゃない、回すんだ精神でケイデンス重視。登りもシッテイングのみ、大津から室津に抜ける峠でケイデンスを上げようともがくも、50台まで落ちてしまう。

もがいたご褒美は、ここ上関城山歴史公園にあります。

数年前に植えられた河津桜、意外と知られていないようで隠れた名所です。

まだ、咲き始めです。公園に沢山の河津桜が植えられていますので咲きそろうと見事なはず。

ここで休憩しただけで53キロのライド、いいLSDになりました。

平坦路でも、なるべく軽いギアで高ケイデンスでくるくる回す、スピードは二の次・・・飛ばしたい気持ちもセーブ。

でも、なかなか高ケイデンスを維持できない。平均ケイデンスが出ないので分からないですが大津から室津への登りで50台まで下がったので低いでしょうね。

広告

河津桜を愛でる」への4件のフィードバック

  1. ケイデンスはギヤを軽くしすぎると空回りするし、重くすると高ケイデンスを維持できません。
    大津から室津への上りは結構きついですよね。
    自分も上りのあるコースだとケイデンス維持できるかどうか…( ^ _ ^ ; )

    • ギヤの選択、難しいですね。
      インナーで16Tという事なので、平地をこのギヤで走るとちょっとした下り坂で空回り、アウターに入れて回して17T、19T、21Tとしたり、ちょっとした登りにインナーで21Tにしたりとせわしない。(^^ゞ
      上りで、せめて70台になれば・・・
      無理せず、気長に頑張ります。

  2.  柳井周辺には、風光明媚な所があっていいですね。特に室津半島一周や大島一周(半周)等、海岸線を流して回られるのが最高でしょうね。残念ながら、周南には○○一周なんてタイトルがつけられるような風光明媚な海岸線は無いように思います。
     軽いギアでケイデンスを維持するのは忍耐と体力だと思うのですが、怠け者の自分には適当ギア+適当ケイデンスが一番です(笑)

    • 柳井周辺は、ほんと恵まれてますね。
      室津半島一周で約50キロ、大島一周で100キロちょっとだからちょうど良いですね。
      ただ、冬の海岸線は時として地獄に変わります。(笑)
      特に、僕のような貧脚には辛い。
      ケイデンス重視ばかりだとストレスが貯まります。(^^ゞ
      しばらくはケイデンス重視で、時には遅いながらがぁ~と行きたいですね。

コメントは受け付けていません。