400キロデート川棚

SDIM0598

下関の妹に会い、用事を済ませ、ここまで来たからには川棚のクスの森を見なくてはと行ってきました。

長府から運動公園を抜けて安岡に、247号線を北上します。これってツールド下関のルート?

いい下見になりそう。ツールド下関のルートを外れクスの森へ

SDIM0602

圧倒される存在感です。

SDIM0611

もう、みとれるばかり。

SDIM0606

 

SDIM0612

神の宿るクスの大木は、神々しいばかりでした。

SDIM0609

ここから角島大橋を見て、三隅の道の駅でブラブラして萩経由で山口に。

角島大橋で撮影しようとすると、バッテリーの残りがわずかしかなく、ホタル撮影に温存。

予備バッテリーもあるし、長時間露光を繰り返しても大丈夫だろう・・・が、予備バッテリーの残りもわずかしかなかった。バキッ!!☆/(x_x)

前夜に確認しとかないとダメですね。絶好の機会だったのに無念。

広告

400キロデート川棚」への2件のフィードバック

  1. こんばんわ
    川棚のクスの大木、地を這うようなでんと据わった幹の下で

    神々しいクスの新緑に包まれ身が清められる気がします。

    ところで遅くなりましたがキャノンボール完走お疲れ様でした。

    リラックスして樹や花をみてくつろいでください。

    PS コウホネのたくさん咲いている処を見つけましたので

    綺麗な写真が撮れましたら載せたいと思います。

    • 前々から、行ってみたかったのですが
      妹の車に同乗してたりして、時間の余裕がなく断念していました。
      今回、初めて行って遠くからでも存在感のある巨木に、神聖な存在だと改めて思いました。

      キャノンボール、一度試走していて良かったです。
      ここまで来たら、もう少しと余裕が生まれました。
      長距離でしたが、長時間楽しみました。

      コウホネの群落、楽しみです。

コメントは受け付けていません。