貧脚脱却

今までのスプロケは、貧脚仕様の12-27でした。これはヒルクライムではまだ使う積もりですが、12-27に頼っていては苦手な坂がいつまで経っても遅いままなのではと、14-25に変更してみました。

購入したのは、最近利用頻度の多い、Wiggleです。

スプロケの交換に必要な用具も、WiggleのオリジナルブランドのLifeline製。

シマノ純正だと、かなり高額なのですが、Lifeline製だと1000円ちょっとです。使用した感触もかっちりしていてプロのように酷使するわけじゃないし、これで充分かな。

14-25にした理由は、下り坂以外で14以下を使ったことがないし、14~21まで連続で使えるので変速がスムースじゃないかと

少々、ずんぐりむっくりな外観ですが、これで貧脚脱却を計ります。

が・・・、明日から雨ですね。

広告

貧脚脱却」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです!
    広島のmoonfishです。

    すごいですねぇ!尊敬します。
    自分を追いまくりですね?

    スプロケを変えるとか考えたことないです。
    コンパクトでも足りません(泣)

    先々週日曜の朝、呉への短距離走行で、追い抜かれたローディについていこうと頑張ったのですが、回転で不足し、ギアで補充したら、先週末から膝が痛くなってしましました。

    昨日の月曜、整形外科で理学療法で治療開始、何とか下関までにトレーニングをしたいと思います。

    今日も通勤にクロスで往復約10㎞走りましたが、膝に違和感があるので、恐る恐る走りました。

    スピードより軽いギアで回転数を上げて誤魔化しています(笑)
    それでも、漕ぎ出しはキツイです。

    下関には一応申込みましたが、8月上旬に練習復帰しないと無理かもです。

    3月のしまなみ海道は、終了後体調回復に1週間かかりましたもん。
    Clarkさんは、体型もローディなので、羨ましいです。

    昨日の人間ドックでも、真正メタボの認定をいただきました。
    体重を落として頑張ります。

    では、また。

    • moonfishさん、お久しぶりです。
      ツールド下関、間に合ったんですね。
      3日後にはロングが完了になっていて、ビックリしました。

      やっぱり、無理して重いギアで頑張ると膝への負担が増しますね。
      25日に一緒に走ったfuk@さんに
      踏み込むのは2時までか3時まで、それ以上踏み込むと足への負担が増えると教えていただきました。
      下死点での踏み込みは、回転にブレーキをかけマイナスにしかならないそうです。
      もう少し考えてペダリングしないと、効率悪いばかりで疲れてしまうので意識してペダリングしてみようと思ってます。

      暑い時期なので、無理せず膝に負担の少ないペダリングを目指しましょう。
      服に隠れて見えませんが、お腹周りはいっこうにスリムになりません。(^^ゞ

コメントは受け付けていません。