三十六計逃げるに如かず

map

蒸し暑くて寝苦しく、汗でべたべたな身体。

外の天気も曇天で、走るのどうしようか迷ったけど、明日・明後日は雨の天気予報なので走れるだけ走っておこうと笛吹峠へ

2010 09 21

走り出して、ポツポツと小雨が・・・

大島に入ると雨が上がったけど、向かう笛吹峠方面には雨雲がたれ込めている。

雷注意報も出ていたので、峠はヤバイかも。屋代ダムでは雨の気配が無かったのでオレンジロードとの分岐まで上がって様子を見ることに。

タイミングが良いというか、分岐まで来たらザ~っと雨が降り出した。

今日は、ここまでと下ると晴れ間が。安下庄まで行けるかなと思うと、雨が・・・(^^ゞ

今日は、雷注意報も出てるし、止めなさいという事だなと帰路に。

R188を走っていると、雨が強くなってきた。おまけに、LNGタンクローリー車には思いっきり幅寄せされた。

ハンドルと車体の隙間、5cmもない。

歩道の白線でスリップしたらイヤだったので、白線内の歩道を走っていたのに、対向車も居ない状態での幅寄せ。ムカッときた。

ある場所に入るゲートで、入門手続き中に追いつき、文句の一つでもと思ったけどバカらしいので止めた。

皆さんも、LNGタンクローリー車には注意してください。

ムカッと腹を立てた気持ちに追い打ちのパンク。家の近くでパンクしたので不幸中の幸いでした。(^^ゞ

玄関で、雨に濡れることなくチューブ交換。タイヤに異常もなく、チューブの寿命だったのか?

交換して空気を入れると、何事もないないので寿命だったんでしょう。

タイム:01:21:24 距離:33.13 km

高度上昇値:291 m カロリー:844 C

追記

昼から、チューブを購入にヒロシゲへ。短い距離だけど空気も漏れず、タイヤに異物は刺さってないようだ。

パンクしたチューブには、空気漏れの箇所が一カ所あった。針で刺したような穴(肉眼では見えない)

ホイールを新しくして、このチューブにしていたので、タイヤも交換した事だし寿命なんでしょうね。

今までのがパナのR-Airチューブだから、軽くて76g。今回、入れたのがシュワルベ15SVで105g。

ヒロシゲまでの往復じゃあ、まったく違いが分かりません。(^^ゞ

坂を上がると違いが分かるんだろうか・・・、違いの分からない男のような気がする。(笑)

三十六計逃げるに如かず」への2件のフィードバック

  1. たまにいるんですよね、幅寄せ馬鹿が
    これは、あからかに殺意があるとしか思えない。

    タイヤのシュワルベは指名業者から外しましたが、チューブだけはまともなので使っても安心だと思います(^^♪

    ツールド・下関が近づいているので、練習がんばってくださいませ。
    よって、お誘いサイクリングはイベントが終わってからでもよろしゅうございますよ。オレンジロードを走るのに、期限はありませんから~(笑)

    • ほんとに驚きますよね。!
      運転技術を過信してるのか、ギリギリまで寄れるぞとでも誇らしく思ってるのか?
      接触した後のことを考えていない馬鹿は、相手にしないに限ります。

      タイヤの違いは分かりましたが、チューブの違いは短距離では分かりませんね。(^^ゞ
      ヒルクライムすると違いが分かるのかも?

      オレンジロード、寒くならない内に走りましょう。
      笛吹峠からの下りが気持ちいい間に。(^^ゞ

コメントは受け付けていません。