Ultremo R.1とラテックスチューブ

IMGP0635

Continental Ultra Race Folding Road Tyre 700×23とシュワルベのチューブは質実剛健で頼もしかったのですが、いかんせん乗り心地がゴツゴツして手は痺れるしお尻のダメージも気になる。

サドル難民なのに、この乗り心地ではロングが辛すぎる。

ハンドルとシートポストをカーボンにするお金はないし、カーボンにするとリクセン&カウル コントアーマグナム シートポストバッグが使えなくなる。

タイヤを替えようと思い立った。タイヤを替えるついでにチューブをブチルからラテックスチューブに替えてみることにした。

ラテックスにすると乗り心地が改善した、手が痺れていたのが痺れなくなったのレビューに望みを託した。

ラテックスチューブはMichelinにした。じゃあタイヤもMichelinと思ったが、PRO3は一度経験済み。

Continental Grand Prix4000Sも経験済み。

その他に・・・ルックスで気になったタイヤにしてみた。

IMGP0645

これこれ!ぞくぞくするルックス。(^^ゞ

IMGP0640

Schwalbe – Ultremo R.1 Evolution

さっそく装着

IMGP0641

チューブを咬まないように注意しながら嵌めていく・・・あっけないほど簡単に、ほとんど力を加えていません。

IMGP0642

面白いようにスポッンと嵌りました。エアーを入れていくと5気圧も入ればパンパン状態。

10気圧まで入れられるタイヤだけど、6気圧で充分な感じ。

一応、7気圧(100psi)まで入れておきました。

ラテックスチューブは空気が抜けるのが早いそうなので、明朝に計ってみよう。

ロングライドなら7.5気圧入れておけば帰るまで大丈夫じゃないかなあ?

今度の晴れ間は日曜日の19日かぁ~待ち遠しいなあ。

IMGP0643

広告

Ultremo R.1とラテックスチューブ」への4件のフィードバック

  1. Schwalbe – Ultremo R は、今でも忘れられない最強のレーシングタイヤですね!
    ただ、2回もメーカーのクレーム対象になったのが残念でした。
    このニューバージョンはタイヤの変形によるパンクはないよです。
    Continental Grand Prix4000Sを使っていますがSchwalbe – Ultremo Rの加速力には到底およびません。ガッツリ系を目指すならSchwalbe – Ultremo Rで決まりです。今後のライドに拍車がかかりますよ。(^^♪

    • 以前、ご近所Mさんが使われていてクレーム処理されたのを覚えています。
      だからちょっと不安があったのですが
      Wiggleなら不具合が出ると交換してくれそうなので
      一か八か(笑)購入してしまいました。
      ほぅ~、加速力が!
      それは楽しみだなあ~

  2. かなりの軽量タイヤと聞いています。
    自分はロングを走ることが多いのでコンチ4000Sを多用してきましたが、たまには違うタイヤも試してみようかな~

    • びっくりするくらい薄いです。(^^ゞ
      たぶん、耐久性は一番低いんじゃないかなあ?
      信頼性が重要な超ロングライドには不安かも
      晴れたら走ってきますので、何度走ってレポしますね。

コメントは受け付けていません。